京都青年司法書士会とは

私たち京都青年司法書士会は、昭和51年、その産声を上げました。現在では、若手の司法書士を中心として多士済々約120名の会員が在籍しています。

私たちは、業務・法令等に関する研究を通じて会員相互の資質の向上を図ることにより、市民の権利擁護・法制度の発展に寄与すべく、日夜研鑽に励んでいます。また近年では、多重債務・貧困といった社会問題の解消に向けた市民運動に参画するほか、市民向けの無料相談会や広報といったプロボノ活動にも積極的に取り組んでいます。

専門職能として深い知識と高い倫理。青年らしい自由な発想と行動力。誰もが安心して暮らせる社会の実現に向けて、私たちは市民と共に歩んでいきます。